喪中に年賀状を受け取った時のマナー!返信は送る?送らない?

喪中はがき

身内に不幸があると、故人を偲び、身を慎んで喪に服す期間があります。

この喪中が年始に重なる場合、いつも年賀状のやり取りをしている方や、故人の知人などに喪中はがきを出されることでしょう。

これで年賀状を出すことも、送られて来ることもないはず。

しかしながら、場合によっては喪中はがきを出したはずの相手から年賀状が送られてくるなんていうことも。

もう喪中はがきを送っているし、年賀状の返信は送らなくてもいいんじゃないかと思ってしまうところ。

しかしながら、返信を送らないと失礼になることも

今回は、喪中はがきを出したはずの相手から年賀状を受け取ってしまったとき、その返信をどうすればいいか、詳しくまとめてみました。

喪中は年賀状の返信を送る?送らない?

まず結論から言いますと、喪中でも年賀状の返信をしないのはNGです。

相手の方も、あなたからの喪中はがきが届く前に年賀状を作成し送ってしまったり、何らかのミスで年賀状を送ってしまい、申し訳なく思っているかもしれません。

年賀状を受け取ったときには、快よく思えないこともあると思います。

しかし、相手に失礼の無いように配慮をしつつ、無礼の無いよう返信ができるようにしたいものです。

喪中でも年賀状が届いたら返信を

では、喪中に年賀状が届いたとき、返信はどうすればよいのでしょうか。

まず、返信の方法として一般的なものに、「寒中見舞い」といわれるものがあります。

これは、一年の中で最も寒い時期を見舞う意味があるあいさつです。

松の内が明ける1月8日から2月3日までに送りましょう。

年賀状に対するお礼の気持ち、喪中であること、寒中を見舞う言葉や、相手の健康を気遣う言葉、今後も変わらぬお付き合いを希望したいといった言葉をいれるとよいでしょう。

もしかしたら、喪中はがきを出したつもりでいたけれど、実際は届いていなかった方から、年賀状が届いてしまうこともあるかもしれません。

そうではなくても、一刻も早く返信を出したいときもあるかもしれません。

松の内が明ける前に返信を出したいと思うときには「年始状」といわれるものがあります。

こちらも年賀状のようなおめでたい言葉を謹む年始のあいさつになります。

メールですませるのは失礼に


最近は何事にもメールでのやりとりが増えてきていますよね。

年賀状ならぬ、年賀メールという言葉もできています。

どんなに離れていても、一瞬でやり取りできてしまうのですから、便利な世の中です。

では、年賀状の返信をメールですましていいのか?ということを考えみましょう。

結論から言うと、それは失礼にあたるのではないかと思います。

相手から年賀状をはがきで頂いていた場合、こちらもはがきで返すのが礼儀というものではないでしょうか。

年賀状に一言添えられていたりしたなら、なおのことはがきできちんと返事をするのが良いでしょう。

喪中に年賀状を受け取っても大丈夫

そもそも、喪中はがきを出したはずなのに、年賀状が送られてきたのはどうしてだろうと感じられる方もいるかもしれません。

喪中なのに、年賀状を受け取ってもいいのか不安に感じてしまうこともあるかもしれません。

喪中はがきが何かというと、「親族に不幸があったため、年始の喜ばしいあいさつである年賀状は欠礼させていただきます」という年賀欠礼の意思を伝えるものです。

故人のお知らせをする為のものでも、ましてや年賀状を受け取りませんと拒否するものでもありません。

もしかしたら、喪中はがきを受け取ったら年賀状は送らないものだと思っている人は、年賀状が送られてきたことに、非常識だと憤りを感じてしまうことがあるかもしれませんね。

しかし、喪中はがきを送ったのに年賀状が届いたからといって、批判的にとらえることはできないのです。

一般的に、喪中はがきが届くと年賀状を送るのを控える人が多いです。

しかしながら、人によっては、年賀状はお祝いの意味より年始のあいさつの意味が大きいので、相手が喪中であっても年賀状を送るのは、マナー違反とはいえないと考える人もいます。

身内を亡くされた落ち込みのなか、お祝い感に包まれた年賀状が届くことで、心情的には穏やかでなくなることもあるかもしれません。

自身は年賀欠礼のお知らせをしているのですから、相手から届いた年賀状は受け取ってください。

気になる方もいるかもしれませんが、心情とは別に喪中であっても、年賀状を受け取る分には何も問題はないのです。

まとめ

自分の考えと異なる状況となることは珍しいことではありません。

喪中はがきを出したのに、年賀状を受け取ることになるということも、当然ながら起こりうることです。

喪中のしきたりに明確な規定はなく、自身の心次第というところもあります。

年賀状の返信も、気分が落ち着いており、年賀状を書く気になれるのであれば、年賀状で返しても問題はないのです。

場合によっては一時の不快感に返事を送るのを渋ってしまうこともあるかもしれません。

こう言う私も、喪中に年賀状を受け取ったときには、何を考えているのだろう?返事なんてする気にはなれない!と、憤りを感じてしまいました。

家族に悟され返事をしないままであれば、きっと今になって後悔していたことでしょう。

返事をしないと相手を不安にさせてしまうこともあるので、返信は必ず出すようにして下さいね。

どのような状況であっても、正しい知識を知っておき、相手に失礼のないように対応できるように心掛けていきたいものですね。

タンサック編集部

こんにちは。タンサックと申します。
このサイトの名前にもなっているタンサックは、「探索」という意味です。
ふぉとタンサックでは、年賀状や挨拶状、引っ越しはがきなどの業者の紹介や、使い方を紹介しています。
さらに、日々の撮りためた写真をフォトアルバムやカレンダーにして形に残しませんか。
タンサックでは、いろんな業者を比べてみて、使いやすかったりおすすめ出来るところしか紹介していませんので、ぜひ参考にしてくださいね。

タンサック編集部をフォローする
喪中はがき
ふぉとタンサック
タイトルとURLをコピーしました